top of page
  • 訪問看護ステーション くれよん

新型コロナウイルス感染症への対策のお知らせとお願い

更新日:2022年4月6日

ご利用者様およびご家族の皆様

日頃から弊社をご利用いただき、ありがとうございます。

皆様におかれましては、今回の新型コロナウイルス感染症の拡がりをご心配されていることと思います。

弊社では現在の状況下にあっても、できる限り通常どおりの訪問看護サービスを提供したいと考えていますが、ご利用者様やご家族様、弊社の職員が新型コロナウイルス感染症にかかる可能性を想定した対応をしていきたいと考えております。

具体的な対応は以下の通りです。

  1. 職員は訪問前に検温を行い、37.5℃以上の発熱やのどの痛み、咳、だるさといった症状がある場合は自宅待機とします。職員の家族に発熱等の症状がある場合も症状が治まるまでの間は自宅待機とします。

  2. 感染拡大や、学校等の休校により、出勤困難な職員が増えた場合、訪問の変更などのご相談をさせていただきます。また、担当以外の者が代わりに訪問する場合もあります。

  3. スタッフは訪問時、手洗いを徹底し、マスクを着用します。場合によってはガウンを着用することもあります。

  4. ご利用者様・ご家族様に発熱等の症状が出た場合は速やかに弊社までご連絡ください。他のご利用者様への感染予防のため、訪問をお休み、または訪問時間の変更をお願いすることもあります。

  5. 利用者様が新型コロナウイルス感染症を疑われた場合は、主治医と相談し対応させていただきます。

  6. ご家族様に気になる症状がある場合は、訪問の間、別室にて待機してくださいますようお願いします。

  7. ご利用者様・ご家族様もできる範囲で手洗いや咳エチケットにご協力をお願いします。


以上、何卒ご了承の上、ご協力いただきたくお願いいたします。

訪問看護ステーションくれよん 管理者 吉澤 奈津実






bottom of page